アトリエレント(atelierent)elasのアプリ開発奮闘記

開発中の疑問点やぼやきなどなど

【Unity】Dlib FaceLandmark Detectorについて

Dlib FaceLandmark Detector

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/64314

 

リーダーに購入してもらったので、

最近こいつを亀速度で色々見ているのだが、

私自身がiOSにもUnityにもまだ耐性が付いていないせいか、

かなり不満だらけというショボミスが多いというか。

 

こういうことは本来は、

購入ページのレビューに書くべきかもだけど、

あまりにも私のが経験が浅いような気がするので、

この場で現状の感想を述べていこうかと思います。

 

【感想1】

正直サンプルがそのまま動くことには期待しない方が良いかも。

 

恐らくこの辺は英語のドキュメントをちゃんと読まないのが悪いと思うので、

そういうものだということを前提に取り掛かるには問題ないかと思う。

 

【感想2】

結局はUnityとかiOSの基本が分かってないとはまる。

 

dlibは直接関係ないけど、

サンプルが普通じゃ動かんと思い欲しい部分のみを切り出したが、

デフォルトマテリアルのStandardならiOSでも動くでしょ?

みたいなノリは悲劇を生むことを今回知った。

詳しくは追ってないけど、

Mobile側のを使いましょうってことですね。

 

【感想3】

手持ちの端末のみだけど結構早い?かも。

ただモバイル用のDetectorを使うと特徴点の検出は粗くなるのは仕方なしかな。

 

さてさて特徴点情報についてはどのマニュアル読めばええんかなー。

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

 

 

【音】GarageBandのAlchemy

最近これが面白くてちょこちょこアプリを触ってます。

はじめよう!  GarageBandで楽しむDTM

はじめよう! GarageBandで楽しむDTM

 

こんな本があるくらいに最近のモバイルDTMってのは凄いね。

 

本当こんなこと言い始めたらおっさん丸出しだけど、

昔は、「馬鹿デカいシンセ」+「I/F」+「DAW用PC」を用意して作業してたけど、

(恐らくこれよりも前の世代の方は上記環境でも大分とコンパクトなはず)

なのに今や手のひらの中で全て完結してしまうとは。

 

いつの間にやらAIと頭の中だけで完結する日も近いそうやねw

BreakDown

BreakDown

  • Elas
  • サウンドトラック
  • ¥200

MindBreakerもささっとUPせねば。

折角ジャケット用意してもらってるのにね(^^;

HoloLens流石高いだけあるw

コレはおもろいw

gigazine.net

是非一般人にも買えるくらいになって欲しいw